【新食感】表参道「木と水と土と」で自然派パンケーキを食べよう!

【新食感】表参道「木と水と土と」で自然派パンケーキを食べよう!

タグ一覧

表参道の人気パンケーキ店「木と水と土と」は関西発祥のお店で、関東では原宿・表参道にしか店舗がありません。

大人気の新食感生地「ブリュレパンケーキ」をはじめとして、いろんな食感の生地が楽しめる新感覚のパンケーキを揃えています!

自然を大事にしたコンセプトで作るこだわりのある店内、夏限定のインパクトのあるスイーツなど、原宿・表参道でパンケーキを食べるなら一度は訪れてみたいパンケーキ店「木と水と土と」をご紹介します!


「木と水と土と」とは?

「木と水と土と」は和歌山発祥のお店

一度聞いたら忘れない独特な名前「木と水と土と」。 和歌山発祥のお店で、和歌山の自然をモチーフにして作られたお店なんだそうで、一号店は白浜にあります。

関東は1店舗のみ

関東だと原宿・表参道エリアの1店舗しか構えていないので、関東で「木と水と土と」のパンケーキが食べたい場合は、原宿・表参道に行きましょう!

グルテンフリーのパンケーキが食べられる!?

和歌山特産の食品を使用し、米粉を使ったグルテンフリーのパンケーキが食べられることで有名! そんな噂を聞きつけて、海外の観光客や女性客の多くの方が訪れているお店なんです!


自然をモチーフにした店内

「木と水と土と」という名前からイメージできるように、自然を感じられるこだわりのある内装が店内には施されています! 表参道の都会的な雰囲気を取り入れつつ、自然を感じられる独特な雰囲気。

土をイメージした壁

入口には粘土を使ったような大きなグレーの壁に、「木と水と土と」とお店の名前が刻まれています。 電球との相性があっていて、全体的に迫力がある壁。

木をイメージした店内

飲食スペースは木で統一されていて天井が高く、植物も木の雰囲気と合う穏やかな空間になっています!

木を基調としたシックで落ち着いた雰囲気ですよね!

店内をブルーで水をイメージ!

こんなおしゃれな席も...!カップルで行ってみたい!

席に座るとこんな感じに写ります!


「木と水と土と」の新食感の生地

「木と水と土と」の魅力は、その生地のパターン。

パンケーキといえばふわっとしたパンケーキのイメージが強いですが、 「木と水と土と」では、ふわっとした食感に加えて、他の 3 つの食感を楽しめます!

【カリッとした】クリームブリュレパンケーキ (1,000 円)

「木と水と土と」で 1 番の人気のメニューが、このクリームブリュレパンケーキ。 見た目よりも実際はボリューム感があり、パリッとした新食感の生地です! 表面はキャラメルリゼのコーティングによってカリッと、食べたあとにはフワッとしたパンケーキ生地の食感に、たっぷりのカスタードクリームが流れ込んできます。

インスタ映えも間違いなしの一品です!

【サクッとした】キャラメルミルフィーユパンケーキ(1,030 円)

こちらも人気メニューの一つミルクティーブリュレパンケーキ。 2枚のパンケーキをパイ生地でサンドしたミルフィーユ風パンケーキで、サクサクのパイの香ばしさとキャラメルクリームの香りが口の中でふわっと広がる一品! フルーツが食感とクリームの甘さを引き立ててくれます!

【モチッとした】米粉パンケーキ

グルテンフリーの米粉で作るパンケーキで、アレルギーの方でも食べやすい一品となっています! 外国人の観光客や女性に人気のメニューで、もちっとした食感も楽しめます。

夏の時期はこんなメニューも!

しろくまのかき氷

インパクトのあるかき氷で、これが出てきたら写真を撮らずにはいられないメニュー! 「木と水と土と」では、こういった楽しめるメニューがたくさんあります!


アクセス

「木と水と土と」は表参道駅の B2 出口から徒歩1分という好立地にありアクセス抜群です! 山手線の原宿駅からも徒歩圏内の距離にあるので、どちらからもアクセスが可能となっています!


おわりに

「木と水と土と」の特徴や、新食感のパンケーキについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか? いつもとちょっと違ったパンケーキが食べたい!という時には、原宿・表参道で普段とは違う食感が楽しめる「木と水と土と」を選択肢の一つとして、考えてみてください!


ターキー

Author

ワインとイタリアンが大好きな関西弁を話す26歳。レツミルから行列のできる人気店の情報などを伝えていきます。