【整理券必須!?】オープン一年足らずで銀座No1になったラーメンの名店「八五」

【整理券必須!?】オープン一年足らずで銀座No1になったラーメンの名店「八五」

タグ一覧

整理券がないとランチにありつけないラーメン店「銀座 八五」。

ラーメンの味が普通のラーメン店と異なるのは、店主の出身業界にその秘密があります。

入店する時から食べ終えるまで、ただ食べるだけでない独特の体験が「銀座 八五」では体験でき、世界的な格付けガイドにも選ばれるのも納得ができるこだわりがそこにはあります。

「銀座 八五」の秘密に一緒に迫っていきましょう。

銀座 八五とは

銀座の食べログのラーメンランキングで堂々の一位を獲得する名店。 2018 年の 12 月にオープンし、瞬く間に食べログランキングではトップ、百名店の選出、さらにはミシュランにも選出されるほどの実力派のお店。 そんな銀座 八五についてご紹介します。

フレンチ出身のシェフが手がけるラーメン

有名店で長年シェフを務めたフレンチの巨匠がラーメンを手がけており、日本のラーメンとは少し異なる独特のスープや、ラーメンとは思えない高級感のある内装がその人気を押し上げている理由の一つです。 店主は、ラーメンを年間 400 件巡りながら試行錯誤して作り上げており、定番のメニューでもそのこだわりを感じます。 季節のラーメンはメニューには載っているのですが、まだ考案中ということから、「納得のいくまで提供しない」という味に対するこだわりが感じられるのも特徴的です。


整理券がないとランチ食べられない

11 時にランチはオープンするが、整理券は当日の 9 時から販売しています。 休日だとオープン時間の 11 時に並んでも整理券は売り切れており、何人ものお客様が訪れては帰っていく、そんな光景を見ることになります。 オープンの時間に行っても食べられないくらいその人気なので、お越しの際には 9 時から並んで整理券を購入することをオススメします。


店内はまるで割烹

木造のカウンターが 6 席だけで、木の色がよく映えるようにオレンジ色の照明が店内の雰囲気を作り出しています。 凛とした佇まいに、入店と同時に背筋が伸びるようなそんな雰囲気。 銀座という土地に完全にシンクロしているラーメン店が、まさに銀座八五の特徴です。

入室した時には全ての準備が整っている

カウンターには和紙で作られた高級感のある敷物、お手拭き、高級感のある箸が配置されております。 事前に注文内容を店員の方に伝えておくので、着席して 3 分と経たないうちにラーメンが運ばれてきます。


銀座 八五ならではのラーメン

一見強面に見えるが、優しさが表情から滲み出ている店主が、カウンターの目の前から丁寧にラーメンを提供してくれます。

運ばれてきたラーメンの見た目は「美しい」の一言。 黄金色に輝き底まで見通せるスープ、たっぷりと盛り付けされた葱、提供される直前に炙られたチャーシュー、チャーシューに盛り付けられた胡椒。 視覚的にも楽しめる点では、食べる前からラーメンを食べていると言っても過言ではない雰囲気。

全ての具材が洗練された味

スープは野菜のみで摂っており、ラーメンのスープというよりは、フレンチのブンヨンに近い味わい。 チャーシューにかかっている胡椒、チャーシューの脂、たっぷりと盛り付けられた葱が、順番にスープに染み込んでくると、スープの味が何度も変化していきます。 まさに一度の食事で何度も味の変化が楽しめる味わいになっております。

チャーシューは香ばしい香りが口の中いっぱいに広がる風味で、麺は細麺だが歯応えのあって手が止まらなくなってしまいます。

全ての食材が拘って作られているのが素人でもわかる、銀座 八五のラーメンはそんな魅力があります。


おわりに

銀座 八五のラーメンの人気の秘密についてご紹介してきました。店主の強いこだわりが内装やラーメンに込められており、入店する前から食べ終わるまで、ただ食べるだけでなくラーメンを楽しむ体験も込められているような印象を受けました。

ラーメン好きには是非食べて欲しい一品です。


ターキー

Author

ワインとイタリアンが大好きな関西弁を話す26歳。レツミルから行列のできる人気店の情報などを伝えていきます。